マットレスの値段相場

MENU

人気の高反発マットレスの値段相場|料金が安い物と高い物の違い

高反発マットレスを購入したいと思っている人の中には、巷にあふれる高反発マットレスの多さのせいで
どの高反発マットレスが効果があるのか、寝心地が良いのかと色々迷ってしまう人もいると思います。

 

高反発マットレスの値段もピンキリなので、値段相場的に見てどれくらいの
値段の高反発マットレスを選べば満足のいく効果と寝心地をゲットできるのかも気になります。

 

そこで今回は高反発マットレスの値段相場や、日本で人気の高反発マットレスや
おすすめのマットレスについても情報をシェアしたいと思います。

 

高反発マットレスは浅田真央さんが宣伝していたエアウィーブや、深夜の通販番組で宣伝されていた
トゥルースリーパーなどのおかげで知名度が格段に上がり、
今では更に多くのマットレスメーカーが独自の高反発マットレスを開発し続けています。

 

マニフレックスやモットン、雲のやすらぎなどの高反発マットレスも大人気ですし、
ニトリやイオンでも格安のマットレスを手に入れる事ができます。それでは高反発マットレスの値段相場などを見ていきましょう

 

<高反発マットレスの値段相場…いくら位のものが多い?>

 

高反発マットレスの値段相場は、だいたい3万円台〜6万円台のものが中心となって選ばれています。
これは睡眠を大事にしている人が多い事の表れで、安いマットレスはやはりそれなり・長持ちしないと考えて、
しっかりした高反発マットレスを選ぶ人がたくさんいるからです。

 

ちなみに有名どころの高反発マットレスの値段を比較してみると、

 

・トゥルースリーパー…29840円(シングル)、34070円(セミダブル)、38760円(ダブル)

 

・エアウィーヴ…68040円(シングル)、82080円(セミダブル)、95040円(ダブル)

 

・モットン…39800円(シングル)、49800円(セミダブル)、59800円(ダブル)

 

・マニフレックス…39204円(シングル)、52272円(セミダブル)、65340円(ダブル)

 

・ニトリ…14191円(シングル)、23056円(セミダブル)、27686円(ダブル)

 

…となっています。ちなみに全て税込価格です。

 

日本でよく購入されている高反発マットレスは上記の商品になります。
イオンなどでは有名メーカーのマットレスを仕入れて販売しています。

 

これから高反発マットレスを買いたいと思っている人で値段相場が気になっている人は、
上記のマットレスの価格を参考にすると良いでしょう。

 

エアウィーブは高反発マットレスの中では値段が高めで、ニトリは値段が安いですが、
それ以外はお値段にあまり大差がない印象です。

 

ニトリ以外の4種類は腰痛の人向けという特徴があったり、ヘタリが少なく長く使える高復元率に設計されていたり、
通気性が良いように設計されているなど、独自の工夫が色々施されています。

 

ニトリは価格は安いのですが、過去にすぐマットレスがカビた経験があるので
個人的にはあまりおすすめできません。(使い方も悪かったかもしれませんが)

 

高反発マットレスはクイーンサイズやキングサイズなど、色々と種類があるので値段も
一概には言えないところがありますが、一人で使う場合は機能性を重視しつつ、
自分のお財布事情に合わせて選んでいくのがおすすめかと思われます。

 

高反発マットレスは値段だけを見るのではなく、その機能性や長く使えるかどうかなども考慮して選ぶのが良いでしょう。

 

 

>>当サイトのおすすめ高反発マットレスランキング<<

 

<高反発マットレスで理想的な睡眠環境が実現可能!>

 

何らかの病気を抱えていて医者から低反発マットレスを指示されているとか、
自分的には低反発マットレスの方がしっくりくるし寝覚めも良好という方は別ですが、
それ以外の方は高反発マットレスを使うのがおすすめです。

 

確かに低反発マットレスは柔らかいのでそれが心地よいと感じる人も多いのですが、寝ている間に体の重心がどこか一部に集中し、知らず知らずのうちに体の負担になる事も多いです。

 

高反発マットレスに比べてそのやわらかさが魅力ではありますが、体が深く沈み込みすぎてしまって寝返りが打ちづらくなってしまうのが弱点です。

 

やわらかいので寝ていて気持ちがよく、寝つき自体は良くなる可能性があるものの、翌日の寝覚めが良くないなど、体をしっかり休めるという点においては微妙かもしれません。

 

低反発マットレス抜きで考えるとなると、上記で挙げたうちまず初めに脱落するのは低反発マットレスのトゥルースリーパーです。

 

ただ、トゥルースリーパーには高反発マットレスもありますので、トゥルースリーパーを購入する場合は低反発と間違えないように注意しておきましょう。

 

<高品質の高反発マットレスを作っているメーカーから買う事>

 

高反発マットレスもクオリティや値段が様々です。高反発マットレスの値段相場を見てコスパと品質のバランスがとれたものを購入する事も大事ですが、高品質の高反発マットレスを製造しているメーカーから買う事もとても大切です。

 

品質の高い高反発マットレスはカビにくく防ダニや通気性にも優れ、寝返りも打ちやすくなかなかヘタらないので底付き感を感じる事なく長年使える可能性が高いです。また、寝心地も悪くないでしょう。

 

エアウィーヴやモットンやマニフレックスといった有名どころの高反発マットレスはとても品質が高く、理想的な寝姿勢を実現可能な設計になっています。

 

同じ高反発マットレスでも、残念ながらニトリは金欠の際のとりあえず的なイメージです。

 

モットンやエアウィーブなど、品質にこだわった高反発マットレスの場合は設計の際に数万回の耐久試験が行われ、復元率などが検査されていて長く使えるように作られています。数万回の耐久試験とはすなわち毎日何回も寝返りを打ったような負荷をマットレスに与えて何年くらいそのまま使えるのかなど、そういったものを測定するために行われているものです。

 

品質が悪いマットレスや設計に何の工夫もないマットレス、素材にもこだわっていないマットレスの場合は、たとえ高反発マットレスと言えども1年や2年もすればしぼんだりして寝心地が悪くなっていってしまう事が多いです。

 

モットンなどの高品質な高反発マットレスなら復元率が高いため、毎日数年間使い続けたとしてもなかなかヘタらないのが大きなメリットです。

 

ついでに防カビ・防ダニなどの効果を合わせ持つ高反発マットレスなら、かなり長い間使い続ける事ができるでしょう。

 

量販店で安物のマットレスを買い、ヘタリが出たり老朽化したら次々買い替えていくのも悪くはないかもしれませんが、体に負担をかけずに眠る事ができる生活をみすみす逃すのももったいない気がします。

 

マットレスはただ寝れればそれでいいというわけではなく、翌日の寝覚めや睡眠の質を良くしたいと考えている人がとても多いですから、しっかりとこだわって選ぶべきです。

 

通気性・機能性・寝心地・体への負担・値段など、多角度的に見るようにしましょう。

 

<一番おすすめの高反発マットレスが知りたい!>

 

高反発マットレスの中で品質や機能性が高いものはいくつか見られますが、結局一番おすすめなのはどの高反発マットレスなのか知りたいというかたもいらっしゃいます。

 

個人差や感じ方は人それぞれなので、すべての人に当てはまるわけではありませんが、もしもいくつかの候補で迷っているならばおすすめはモットンです。

 

もともと外国で作られているものとは違い、モットンは日本人の体格と日本の気候に合わせて作られている高反発マットレスです。また、腰痛の人向けという事もあり、体をしっかりと負担なく支える機能に優れています。

 

また、エアウィーブは確かに優れた高反発マットレスですが、値段の事を考えると手が届きづらいと思う人も多いかと思います。それを考慮せずに全て同じ価格だったとしても、まずはモットンから試してみると良いでしょう。

 

先ほどニトリの高反発マットレスを使っていたらすぐにカビたと書きましたが、マットレスを床に直置きして使っている人は特に気を付けなければなりません。どのマットレスを使うにせよ、時々マットレスの湿気を逃がすために干したり壁に立てかけたりしなければならないのです。

 

その際に通気性に優れている高反発マットレスであればそうでないものに比べてすぐに湿気を逃がせますし、湿気を抜くために干す頻度も少なくできるでしょう。

 

マットレス自体の復元率がとても良く、なかなかヘタリが出ない構造だったとしても、時々湿気を飛ばすように干す事はとても大切です。特に梅雨や夏場はジメジメしていますし、エアコンで除湿をかけていたとしてもそれは同様です。

 

マットレスを最適な状態に保ちやすい、日本の気候に合った製品として作られているモットンは、その機能性や使いやすさ・品質によって徐々に高反発マットレス業界のシェアを伸ばしつつあります。

 

■モットンを使うデメリットも知りたい!

 

モットンはおすすめの高反発マットレスです。しかし通販で購入できる高反発マットレスのため、リアル店舗で実際に寝たり見たり触ったりして試す事ができないのがデメリットです。

 

これだと万単位の高い買い物をするにも関わらず、もしも合わなかったらどうすんの!?やっぱり通販じゃ信用できないし…と考える人も少なからず存在します。

 

ですがモットンは腰痛の人にもおすすめの高反発マットレスです。腰痛の人は特にマットレスとの相性が大切ですから、合う・合わないが必ずあると考えられます。モットンではもしも合わない時のために、90日間の返金保証が付いているため、他の保証無しのマットレスと比べると割と良心的です。

 

他のマットレスメーカーでは返金保証が無い事が多いのでその点がネックになります。

 

しかしモットンの返金保証のデメリットとして、返品の際の送料や各種手数料は自腹になるため、返品にかかる費用は9千円〜1万円程度かかってしまいます。

 

物が手元に残らないのにこの金額だけ支払う羽目になるというのもアホらしいですが、モットンはとても多くの人がおすすめしている高反発マットレスなので、大抵の人は大丈夫だと思われます。

 

■他の高反発マットレスでおすすめは無いの?

 

モットンは性能や耐久性も抜群ですし、体圧分散力にも優れているので体をしっかり支えてくれるマットレスが、他にもおすすめは無いのでしょうか?エアウィーブもおすすめですが、最近では雲のやすらぎという高反発マットレスも大人気です。

 

極厚仕様ですが、雲のやすらぎに寝転がっている人の画像をいくつか探してみると、みんなとても気持ちよさそうに横になっています。雲のやすらぎは固すぎず柔らかすぎず、とても寝心地が良いようです。

 

モットンほど体に良い影響を与える効果は期待できないかもしれませんが、こちらもおすすめです。

 

<高反発マットレスは値段相場より機能性を見ましょう>

 

最近は買い物をする際によりシビアになっている人もとても多いです。消費税が上がった事や為替の影響で、食品などもどんどん値上がりする上に入っている量まで減らされています。

 

そんな中では高反発マットレスの値段相場を気にしてしまう人が多いのも仕方のない事です。

 

幸いな事に高反発マットレスで人気が高く、機能性や強度に優れているモットンや雲のやすらぎ、エアウィーブなどは決して安くはないものの、なんとか手が届きやすい範囲内での値段に収まっています。

 

こういった品質とコスパのバランスが良い高反発マットレスを使用し、更に枕も安眠枕などの良質な枕を使えば、更に睡眠環境を整える事ができます。マットレスだけでなく、枕の使い心地にもこだわる事で相乗効果が期待できるため、高反発マットレスを手に入れたら次は良質な枕を手に入れるように色々探してみてください。

 

 

 

マットレスの値段相場

睡眠は一日の1/3を占めるので、非常に重要です。その睡眠の質というのは、使用する寝具によって左右されます

 

寝具といえば、特に最近は高級マットレスがテレビ通販などでも取り上げられており、関心が集まっています。今回はそのマットレスの値段相場について解説したいと思います。

 

まず安いものだと3,000円程度のものがあります。こちらに関しては、お金のない学生や、試しにちょっとだけ使ってみたいという方にお勧めですね。

 

ただ、寝心地は値段相応のようです。今まで床に布団を敷いていたけれど、固い感じがするので違いを試すというのであればこれで十分でしょう。

 

次に、10,000円程度のもの。こちらは少し機能性を考慮したものが多く、腰痛持ちの方や、今まで安いマットレスを使っていたけれど、寝心地がいまいちという人にお勧めです。安物買いの銭失いという言葉もありますので、ある程度しっかりとしたものを使用するのは大切なことです。

 

最後に、20,000円越えのマットレス。こちらはさらに機能性が向上しているものが多く、質の良い睡眠がどうしても取りたい、毎日終電で帰ってきて次の日に体の疲れが取れないサラリーマンの方はこういった高級マットレスを使用するのも一つの手です。

 

まとめますと、マットレスの値段相場は3,000円程度のものもあれば20,000円を超えるものもあり、目的によって適切な価格帯のマットレスを購入するのが良いでしょう。