体圧分散マットレスメーカー人気比較

MENU

体圧分散マットレスメーカー人気比較|売れ筋商品最新版

現在、使用しているベッド、マットレス、敷布団で

 

腰が痛い、背中が痛いという人に
おすすめの体圧分散マットレスの中で人気の売れ筋商品を紹介します!

 

 

モットン

モットン

 

>>人気マットレスランキング<<

 

腰痛・背中痛に悩んでいる人専用に開発・製造された、体圧分散マットレスの中でも
歴史があり且つ、最近はテレビコマーシャルなどでも宣伝されているマットレスです。

 

 

モットンの特徴は、高反発マットレスと呼ばれるタイプのマットレスの中でも特に、反発性が高く
しかも、そのマットレスの反発性(硬さ)を選ぶことができるのが特徴です。

 

高反発マットレスは、その反発性により寝返りがしやすくなり、腰や肩などの一部に負担が
集中しない仕組みになっています。

 

一般的なマットレスと比較して

普通のスポンジのマットレスの場合、ただ沈み込むだけで反発力が弱く、
また低反発マットレスになると、
反発力がさらに弱いので、寝返りするときには大きな力が必要になります。

 

それに対して、モットンは小さい力でスムーズに寝返りをすることができます。

 

適度な寝返りは、一部の筋肉に負担がかかるのを軽減し、
血液やリンパの流れをスムーズにします。それにより質の良い眠りが可能となるわけです。

 

また、モットンが他の高反発マットレスと比較しておすすめなのは、
ただ硬いだけではなく、表面カバーに高品質の素材を使用することで
寝心地(触り心地)が良いことと、

 

上述の反発力を選択して、購入した結果、自分に合わないと思った場合は
返品交換が可能という点です。

 

最近、人気のモットンは、宣伝CMに、元中日ドラゴンズの山本選手を起用し、
寝心地の良さを強くアピールしています。

 

モットン山本

 

数多く(10種類以上)の体圧分散マットレスを購入、比較検討している当サイトの管理人も
現在使用しているのは、モットンです

 

モットン購入者

 

雲のやすらぎ

 

次におすすめなのが、雲の安らぎです。
でも、実は”雲の安らぎ はマットレスではなく、敷布団です。

 

ただ、高反発マットレスという売れ筋商品を紹介するにあたり、畳やフローリグに直接敷いて
使用ができる(*マットレス不要)で、高反発ということであれば、どうしても
紹介したかったのが、この”雲のやすらぎ”なんです!

 

雲の安らぎ

 

雲のやすらぎという体圧分散マットレスの大きな特徴としては、
腰痛や肩こりや疲労をとることができる点が挙げられます。

 

他のマットレスと比較した場合、寝心地については申し分なく最上の高級感を覚えることができます。
しっかりとして丈夫なつくりになっているため、長年使用できるという実感を抱くこともできます。
通気性が良いため、汗っかきの方でも問題ありません。

 

幼い子にもおすすめ

 

幼い子供のいる家庭では、その子供に使わせたくなるような商品です。
普段通りに寝る場合においても、非常にラグジュアリーな印象があります。

 

まさに別格と言えるほど、贅沢なマットレスです。
雲のやすらぎは、特殊なクロスクラウド製法によって体の負担を分散させてくれます。

 

あまりにも寝心地が良いため、数多くの企業から注目されています。
大手のインターネット通販において一位を獲得した実績もあります。

 

整体師も認めるほど快適で極上のマットレスに仕上げられています。

 

雲のやすらぎという体圧分散敷布団に身体をまかせれば、空の上にいるような感覚に包まれます。
睡眠に関する悩みがある方にとって、このマットレスを購入する価値は高いでしょう。

 

育児疲れで睡眠もままならない、という子育て世代の方々にも間違いなくおすすめできるマットレスです。

 

>>人気マットレスランキング<<

 

ライズスリープマジックマットレス

ライズスリープマジック

 

体圧分散マットレスの先駆けとなった商品は、デパートや大手ショッピングセンターで
販売されている、大手布団メーカー西川が販売している
”エアー” ”ムアツ” シリーズなのですが、

 

その牙城を崩したのが品質は同程度で、値段がお手頃なモットンでした。

 

そして、このモットンを現在、勢いよく追従しているのが、この
ライズスリープマジックマットレス です

 

本格的な販売を開始したのが、2016年頃でしたが、
元マラソンランナーの高橋尚子さん、元巨人軍の桑田真澄選手を
CMコマーシャルに起用し、

 

アスリート、スポーツ選手の体調管理は良い睡眠からというコンセプト
のもと、この商品を開発製造したのです。

 

当サイトの管理人も購入しました

 

ライズスリープマジックマットレス購入者 

 

 

スリープマジックとモットンとの比較

大きな違いで言うと、スリープマジックは、3つに折り畳みができるので、収納が簡単です。

 

反発力は同程度ですが、モットンの様に反発力を選択することはできません。

 

スリープマジック独自の、立体加工を施してあり、形状的には西川のエアーシリーズを
意識している商品ですが、

 

西川のエアーもライズスリープマジックマットレスも、正直、この形状にしたからといって、
寝心地が大きく変わることはありません。

 

それでいて、この形状加工をしているからこそ、移動時に負荷がかかると破損する
可能性が高いと思います。
*雑に扱わなければ大丈夫ですが

 

また、3つに折りたためるということは折り畳み部分は、強度が弱いので、これも
扱いをきちんとしないと、数年後には、その部分が切れるなどの恐れがあります。
*西川エアーで経験済み

 

寝心地的には、モットンや西川のエアーと比較して、同程度です。
起床後は収納したいという方にはおすすめマットレスです

 

>>人気マットレスランキング<<

 

 

マニフレックス

人間誰もが1日の約3分の1の時間を睡眠に当てています。
十分な脳と体の休息は睡眠でしか得られないのですから、毎日しっかり熟睡したいものです。
掛け布団や敷布団、毛布などこだわっている方は多いと思いますが、まず見直してほしいのはマットレスです。
最近では体圧分散マットレスが人気で、仲でもマニフレックスはアスリートの方たちからも支持されています。
マニフレックスの特徴は、まずスプリングが入っていないことです。
マニフレックスのマットレスの芯材に使われている新世代ポリウレタンフォーム<エリオセル>は
硬すぎず柔らかすぎない理想的な弾力の素材です。
マニフレックスのマットレスの上に寝ると、一度沈み込んでから体の圧力を分散させつつ体のカーブに沿って押し上げます。
個人の体にあった最適な睡眠姿勢が自然ととれるマットレスです。
中にスプリングが入っていないので寝返りの時も静かにすることができます。
放湿性が良いので、日本の高温多湿の夏でも快適に眠ることができます。
普段のお手入れは2週間に一度程度、マットレスを立てかけて風を通すだけで大丈夫です。
マニフレックスの体圧分散マットレスはスプリングマットレスの寝心地が苦手な方にもおすすめしたいです。

 

西川エアー

 

体圧分散マットレスとは、腰や肩など一部に集中してしまう体圧を分散させることができるマットレスのことを言います。普通のマットレスの寝心地と比べるととても快適で、朝起きたときに腰や肩が痛いということがほとんどありません。実際、体圧分散マットレスで眠ると、深く質の良い眠りができているのを実感します。

 

体圧分散マットレスはスポーツアスリートに大変人気があります。朝起きて体が痛かったら試合になりませんから、一般の人以上に質の良い眠りを意識しており、そんなスポーツアスリートたちの中で、オリンピックでも大活躍したレスリングチームが愛用していたのが、西川エアーです。西川エアーの特徴は、点で支えることです。たくさんの突起物が並んでおり、仰向け、横向き、うつ伏せなど、どのような寝方でも快適な眠りを約束します。また、デザインもかっこよく、グッドデザイン賞も受賞しています。

 

西川エアーで唯一のデメリットをあげるとすると、他のメーカーの体圧分散マットレスと比べると価格が高いという点です。シングルサイズの標準タイプで76000円、厚みが加わると114000円になります。さらにハードタイプになると、132000円にもなります。

 

当サイト人気NO.1はモットン

 

体圧分散マットレスの寝心地の良さを知ったら、普通のマットレスではもはや眠ることができなくなってしまうことでしょう。確かに普通のマットレスに比べると価格は高くなりますが、眠りがいかに大切なことなのかを考えると、決して高いとばかりは言えなくなることでしょう。

 

たとえば、1日のうち約3分の1は眠りに使っています。眠っている間のことは何も覚えていませんから、時間の感覚がありませんが、確かに毎日6時間〜8時間前後の時間を睡眠に使っているのです。これは決して短い時間とは言えません。また、朝目覚めたときに、頭はすっきりしており、体も調子が良いのと、頭がボーとしており、体もあちこちが痛い、昨日の疲れも取れていないというのとでは、その日一日が変わってきます。これがマットレスで大きく変わるとするならば、真剣に考える必要があります。

 

質の良い眠りには、体圧分散マットレスが良いと耳にしたことがあることでしょう。体圧分散とは、眠っている間にかかる体圧を分散させることで、一部に体圧が集中することがないようにさせることを言います。普通のマットレスの場合、仰向けの場合は腰、横向きの場合は肩などに体圧がかかりやすくなります。そのため朝起きると、腰や肩は痛かったりするわけです。ところが、体圧分散がうまく機能しているマットレスの場合、腰や肩にかかる体圧をうまく逃がすことができるので、痛みも大きく軽減されます。だから目覚めもすっきりなのです。

 

この体圧分散マットレスは、モットン、雲のやすらぎ、マニフレックス、西川エアーなど、様々なメーカーから販売されていますので、どれを選ぶか迷ってしまうことでしょう。どれを選んだとしても、普通のマットレスと比べると、寝心地は劇的に変わることは間違いないのですが、価格と効果の関係、コストパフォーマンスを考慮すると、一番のおすすめはモットンということになります。

 

モットンの良い点は、まず国産であることです。国産は高いというイメージがあるかもしれませんが、モットンはできる限り価格を安く抑えているので、他の国産の体圧分散マットレスと比べると、半額程度で購入が可能です。二つ目に、反発力が非常に良いということです。寝返りがとてもしやすいことに驚くことでしょう。第三に、通気性が良いので、夏の暑い日でも快適です。そして、第四に、返品可能であることです。90日間使用した結果、気に入らなければ返品することができます。

 

 

 

体圧分散マットレスとは

 

たとえ睡眠時間を長く取っていても良い眠りができていなければ、朝起きたときに腰が痛かったり寝たりなかったりするもの。1日の元気のためにも眠りは重要です。

 

快適に眠るためには最適な回数の寝返りと背骨がS字カーブで維持できること・適度な弾力性でしっかり体を支えてくれること。これら3つの条件を満たしてくれる寝具が良いのです。そのためにおすすめなのが体圧分散マットレスです。

 

体圧というのは寝具で寝る際に体に掛かる圧力のことです。通常の寝具の場合はどうしても腰や肩・首など寝具と接している部分に圧力は集中してしまい、その部分が血管が圧迫されるため、腰や肩が重だるかったり痛かったり。首のコリを感じたりといった違和感が引き起こされるのです。体圧分散マットレスであれば圧力が分散されるのでどこか一部が圧迫されてということがありません。血流がスムーズになり快適に眠りやすいのです。

 

普通の寝具の場合、血管が一部圧迫されて血流が止まってしまうと「寝返り」という行動を自然に取り、体圧を分散しようと体が働きます。その結果、血液の流れはよくなりますが、途中で眠りが妨げられるので、どうしても質のよい眠りとは言えなくなってしまうのです。体に合っていない寝具だと体圧分散のための寝返りの回数が増えてしまうので、どんどん眠れなくなってしまいます。深い眠りを妨げないためにも体圧の分散ができる寝具はおすすめなのです。

 

寝具の場合は選ぶ基準はお値段の安さやサイズだけではありません。柔らかいものから硬いものまでさまざまありますが、やわらかすぎると腰や肩甲骨辺りが沈み込んでしまい不自然な寝姿勢になってしまいます。寝返りも打ちにくく打つたびに体力を使います。
だからといって硬すぎると今度は小さな血管が圧迫され体の痺れの原因となります。硬すぎる布団でも寝返りは打ちにくかったりもします。
選ぶ際には、まず体圧の分散を考えて作られたマットレスかどうかを最重要課題として着目しましょう。

 

眠っているつもりでも日中に眠いという方や首や肩が慢性的に痛むという方はもしかしたら寝具が合っていないのかもしれません。毎日使用するアイテムですし、一度購入すると長い間使うアイテムだけに慎重に選びましょう。購入後は時には向きや裏表を変えてやるようにしてしましょう。一部分がへたってしまって体圧分散がうまくいかなくなったら眠りの質に関わってきます。湿気を取るなどお手入れも必要です。

 

体圧分散マットレスと高反発マットレス違い

体圧分散マットレスは、褥瘡、いわゆる床ずれができてしまうのを予防したり、既に褥瘡ができてしまった患者さんが安心して治療をするためなどに使用されます。褥瘡は、主に骨が突出している部分に、一定の圧力がかかることで発生します。高反発マットレスでは、マットレスの反発力が強いため、骨が突出している部分にのみ体重による圧力が強くかかり、褥瘡のリスクが高まります。しかし、体圧分散マットレスを使用することで、体重による圧力が分散され、全身の広い面を使って体を支えることが可能となるため、褥瘡のリスクが減少します。
体圧分散マットレスにはいくつかの種類があります。褥瘡ができるのを予防するためには、ウレタンマットレスがおすすめです。ベッド上で動いたり座ったりしやすい構造になっており、例えば骨折をした人が安静に過ごし、リハビリを行う時にも使用されます。褥瘡がすでにできてしまい、薬などで治療をしている場合は、エアマットレスがおすすめです。エアマットレスには、圧切換型のものと静止型のものがあります。圧切換型のものは、ベッドに設置されているセンサーにより体重に合わせてエアーを調節することで、人それぞれに合わせた形状に変化します。静止型のものは、体重に関係なく多くのエアクッションで体重を支えることができ、体圧の分散にはより優れているとされています。

 

体圧分散マットレスと低反発マットレスの違い

マットレスには様々な種類があってその中でもよく知られているのが体圧分散マットレスと低反発マットレスです。
体圧分散マットレスは身体の形に合うように身体が沈む込みマットレスことで、マットレスと体の接触面積を広くして身体にかかる圧力を分散します。

 

素材や機能、使用方法など色々あります。
エアやウレタンフォーム、ウォーター やジェルにハイブリッドなどです。

 

例えばエアは空気のことで、マット内圧調整で耐圧調整が出来ますが鋭利なものでパンクがしやすいです。
ウレタンフォームは低反発なものほど体圧分散効果が高いですが、年月が経過するとへたりが起こって体圧分散効果が下がります。

 

一方低反発マットレスは寝心地が抜群に良いです。
身体が沈み込むほど柔らかくておしりなど身体の重い部分ほど沈み込みます。
体の一部へかかる負担も減ってどんな体勢でも心地よく眠れます。

 

また柔らかいので体圧を吸収してくれるため腕や肩のしびれを解消してくれます。
同じように体圧分散に優れているため寝返り回数も抑える効果があります。

 

固すぎるマットレスだと体圧によって血の滞りを防ぐために必要以上に寝返りを繰り返します。
これだと寝ていても疲れがとれませんが、低反発は柔らかいのでその必要もなく回数が減ります。

 

 

 

体圧分散が腰痛に良い理由

体圧分散マットレスは、寝具で寝る時に布団の下やベッドの上に敷いて使います。高反発マットレスとも呼ばれ、いろいろなメーカーから販売がされています。大きな売りは、腰痛に効果があるというものです。

 

人は起きている間は立った状態であったり、座った状態で過ごしますが、この時に腰の筋肉に負担をかけています。起きているときに酷使した腰の筋肉を、睡眠することで休ませ回復させることが望ましいのですが、睡眠中でも腰に負担をかけているため、腰としては休む間がなく酷使され続け、やがて腰痛となります。

 

睡眠中に腰に負担がかかる原因は、寝る時の下の状態にあります。硬すぎると、重心のかかる胸や腰が1番強く当たり、腰の筋肉に負担がかかります。柔らかすぎると、体が全体的に沈み込み、特に重心のかかる腰が一番沈み込むので曲がった姿勢で寝ることになり、これも腰の筋肉に負担をかけます。
どちらも背骨が曲がった状態で、いわゆる姿勢が悪い状態で寝ているため、睡眠中も腰の筋肉に負担をかけています。そこで、背骨が真っすぐとなって寝れるよう、適度な硬さ、弾力のものを選定して作ったのが体圧分散マットレスです。

 

そして、睡眠中に腰に負担をかける行為がもう1つあります。それは、睡眠中に無意識で何度も行っている寝返りです。寝た状態で体勢を変えるというのは、エネルギーがいります。しかも、それを何度も行えば相当疲れますし、腰を使って行うので負担をかけます。そこで、体圧分散マットレスは、適度な弾力により、寝返りをサポートして疲れと腰の負担を軽減しています。

 

こうした睡眠中の腰に負担をかけていることを研究して改善をし、寝心地のために通気性、商品として耐久性を備えてあるのが体圧分散マットレスです。

 

最近では、パソコンの普及で座り仕事が増えているということもあり、腰の負担は依然より多く、慢性的な腰痛という人も増加しています。需要もあり、腰痛の人が求める気持ちもわかります。