マットレスのダニダスト除去

MENU

マットレスのダニやハウスダストを除去

マットレスのダニやダストを除去する方法をマスターして、快適な睡眠ライフを手にしましょう。
布団などの深部に潜むタイプはチリダニですが、存在があるために人間を刺すようなことはしません。しかし問題になるのは、その死骸であったり、チリダニの糞などが問題です。それらを空気として人間が吸い込みますと、気管支には炎症を起こすことになります。炎症はアトピー性皮膚炎やぜんそくなど、あらゆるアレルギー症状を招きます。肉眼では発見できないほど小さいですが、とにかく清潔にするほかありません。種類がありますので、ツメダニは人を刺すタイプです。

 

チリダニはさらに

 

 

チリダニは殺すだけでは効果がまだまだ足りないので、存在を抹消させる必要があります。湿気がたっぷりとあって、暖かい場所にダニは存在をします。ジメジメとして暖かい場所が、ダニは大好きなのです。ダニの餌となっているのは、人間の垢や老け、それに空気中に存在をする、水やカビなども大好物であり、日本の家にはだいたい生息をしています。

 

人間にとって快適な環境には、ひっそりとダニも一緒に生活をしています。特に最もダニが大繁殖をするのは、湿気が非常に多くなる梅雨のシーズンです。梅雨の時期は湿気も多いので、カビも増殖をし安くなります。

 

ダニの命は本の3ヶ月程なので、一生としては短いものの、ダニは繁殖力のレベルが半端なく高いのです。1日あたりに卵を2個くらい生んで、5回ほど1日に糞もするので、家の中は掃除もしないとアレルゲン物資が貯まります。湿気やフケのたまりやすい、いつも使う寝具などは、まさにターゲットとなって生息をしています。

 

ダストもダニも除去をするとなったら、太陽の強力な日差しの下で天日干しをしましょう。布団乾燥機などでの、ダニ退治の機能を使ってもいいでしょう。とにかくダニを抹殺させることが必要であり、そこからダニの糞や死骸というアレルゲン物質まで排除をします。

 

 

掃除機の使い方

 

ダニアレルギーのもととなるアレルゲン物質を取り去るためには、掃除機をフル活用します。できるだけ吸引力が高い掃除機を利用して、思い切り吸引をして吸い取りをすることです。

 

家の中をすみずみまで掃除機ですいとり、寝具も掃除機でダニやホコリなどを吸い取りましょう。値二人に寝具にも掃除機をかけることで、ダニや汚れも取り除いていくことができます。

 

効果的に掃除機をかける方法として、掃除機のヘッドのところに、もう使わないストッキングを被せて使います。ストッキングをかぶせるというひと工夫で、掃除機をかけても無駄に生地を吸い込まないので、掃除機での除去方法もスムーズになります。

 

お財布にも余裕があるのであれば、布団専用の家電を購入してもいいですし、専用の掃除ローラーを利用するのもいいでしょう。布団専用の掃除機はやはり力が強いですし、生きているダニまで殺すなど、優れた機能を搭載しているので、ダニアレルギーなどを気にするようであれば、購入を検討するにもいでしょう。

 

これ以上ダニもダストも増やさないように、とにかく室内の掃除はこまめにして、換気をしっかりと行いましょう。ダニの好む環境を作らないようにして、清潔で湿気の少ない室内空間を心がけることです。ホコリやゴミの溜まった室内は、ダニが発生をしやすくなります。

 

カーペットや布団類、マットレスも出来るだけ、定期的に太陽の下で天日干しにしましょう。移動が大変であれば、布団乾燥機を利用することです。布団やカーペット、寝具には定期的にしっかりと掃除機をかけるようにします。室内の空気をクリーンにするために、窓を開けて換気の習慣をつけましょう。締め切った室内では、空気清浄機を利用するのがいい方法です。"