クリーニング方法

MENU

マットレスのクリーニング方法/自分で家でキレイにできてアトピー対策

マットレス自分で出来るクリーニング方法を知ることで、いつでもクリーンな状態をキープしやすくなります。
洗濯機ので丸洗いは難しいですので、掃除機を大活躍させましょう。

 

シーツやベッドパットを取り替えることはありますので、その時に掃除機をかけるようにします。

 

専用のクリーナー

 

最近の家電は進化していますし、その中でも人気なのは布団専用のクリーナー家電でしょう。布団専用の家電は、
分厚い布団類の汚れもぐんぐんと吸い取りますので、丁寧に全体的に寝具に利用をして、

 

汚れも誇りも吸い取ることができます。でもそうした専用家電がないのであれば、
普通の掃除機を利用してもいいでしょう。

 

自宅でいつも使っている掃除機を利用して、ゆっくりとかけていくことで、汚れもホコリも取れやすくなります。

 

掃除機はいろいろな場所に使いますし、床に直接使う家電ですので、その汚れに抵抗を感じる人もいるでしょう。
その場合は直接触れるベッドのところを、清潔な乾いた布やタオルでふき取り、そ
れから使用をするといいでしょう。特に裏側であったり、ちょうど頭部を置くところなどは、意外とダニなどが住み着きやすいものです。

 

ダニの除去方法

 

掃除機をかけるときには、手早く簡単に済ませないで、縦の方向に掃除機をかけてから、
今度は横方向にも掃除機をかけていきましょう。

 

こうして丁寧に掃除機をかけると、ホコリもダニもしかりと除去出てきることになります。
普通に床の掃除をするときのように、手早く掃除機をかけるのではなく、とにかく念入りに掃除機は書けるようにすることです。

 

 

マットレスを長持ちさせるために

 

1ヶ月から3ヶ月に1回程の割合で、マットレスは上下の裏表を、置き換えて使うようにしましょう。
同じ部分をずっと長く使うのではなく、裏返して利用をします。

 

こうすると湿度が手中をするパーツを、上手く分散させることができます。
湿度が常に一箇所には集まらなくなれば、カビが発生をしたり、ダニの発生の確率を下げることができます。

 

よく晴れた日には太陽の下に出して、天日干しを行いましょう。太陽の下に干すことによりました、湿気は取り除かれることになります。
布団を干すのと同じように、やはり太陽の光に当てるのは、クリーンな環境を維持するには大切なことになります。

 

軽いタイプもありますが、かなり重いタイプのマットレスもありますので、女性はひとりで持つときには注意です。
割と女性でも動かしやすい商品も販売されているので、最初からそうしたタイプを選ぶのもいい考えです。
太陽の日光に当たることで、ダニもカビも防ぐことができますし、湿気もさっぱりとなくなります。

 

マットレス天日干しが難しい場合

 

日光に干すのが大変なときには、室内換気を心がけましょう。窓を開けて加瀬通しをよくした環境で、
換気をすると湿気も逃げて行きやすくなります。同じ場所に敷いたままは湿気を溜め込みますので、縦
にしてみたり風通しを良くしたり、工夫を凝らしてクリーンな状態を保ちましょう。

 

脚付気のケースであれば、ひっくり返すのとができないために、その時には上下の向きをチェンジさせるなど、
工夫を施すことです。

 

簡単に清潔を維持するためには、頻繁に上げるという方法がいいでしょう。床に敷いたままにはしないで、
壁に立てかけるだけでも、空気に触れることができますので、乾燥をさせやすくなります。そのまま窓際へ運び、
窓から太陽の光を直接当ててみると効果h倍増です。太陽の光は強力なので、高温でダニは死滅をしていきます。

 

天日干しをするのとともに、念の為にダニ避けのスプレーも使いましょう。湿った状態が気になるなら、
得たルール配合の、速乾性のタイプを利用してもいいでしょう。床やベッドも掃除をすることを心がけて、寝具は全体的に清潔にしましょう。